世界遺産 今帰仁城跡へ行ってきました。

nakijinjo3

沖縄には首里城斎場御嶽をはじめ数々の世界遺産があり、今帰仁城跡(なきじんじょうあと)もその一つです。

まるで万里の頂上、または竹田城のような風格で沖縄の暑い気候の中、涼しい風が吹き抜ける景色のよいところでした。

今帰仁城跡までのアクセス

nakijinjo19

今帰仁城跡は、沖縄北部にあります。私たちがとまっていた美ら海水族館隣接のホテルオリオンモトブリゾート&スパからは車で15~20分ほどで着きました。

所要時間は30分ぐらいなので、美ら海水族館と合わせて観光してもいいスポットかと思います。

今帰仁城跡

〒905-0428 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101番地

電話:0980-56-4400

観覧料 大人400円 小中高生 300円 小学生未満 無料

駐車場 無料

時間  8:00~18:00(夏は19:00)

スポンサーリンク

 

今帰仁城とは?

nakijinjo2

14世紀、琉球に三大勢力が割拠したグスク時代、沖縄本当は北部地域を北山、中部地域を中山、南部地域を南山がそれぞれ支配していました。

北山王は今帰仁城を拠点に沖縄の北部を中心に支配下として、中国と貿易をしていましたが、1416年に中山の尚巴志(しょうはし)によって滅ぼされ、北山としての歴史の幕を閉じました。

北山の敗北後も中山は、北部地域の管理のために監守を今帰仁グスクに設置して、1422年以後に監守の居城としてグスクを利用していました。

しかし1609年に薩摩郡による琉球侵攻により城は炎上したとされています。監守がいなくなってからは拝所として精神的よりどころとして広く県外からも参拝者が訪れるスポットとなっています。

本当北部の覇者、山北王が天険の地に築き上げた百曲がりの城壁は今も世界遺産・今帰仁グスクとして残っています。

 

 

今帰仁城跡子連れ口コミ

nakijinjo4

沖縄の世界遺産は今帰仁城跡、中城城跡、座喜味白跡、勝連城跡、斎場御嶽、園比屋武御嶽石門、玉陵、識名園があります。沖縄の世界遺産をまわって自由研究できそうですね。

nakijinjo5

平郎門 琉球国由来記にも登場する門をくぐって上へ上へと上がって行きます。

nakijinjo6

ガイドをたのむとゆっくり説明してもらえるのですが、聞きかじったところ(笑)、ここにある木が花をつける季節がおすすめなのだとか、その時にぜひきてくださいといっていました。

nakijinjo8

大隅↑ 戦時に備え馬を養い、兵馬を訓練した場所。もっとも高い石垣が築かれた堅牢な城郭で難攻不落と称されたそうです。

nakijinjo10

主郭(本丸) 城内で最も中心的な建物があった場所。

nakijinjo11

下のほうへ降りることができます。おりたところからみた景色がよかった・・・。

このあたり、天空の城竹田城にも似ているなという印象を受けました。雲海はみれないようですが、雨天時には、幻想的な風景になるようです。

nakijinjo15

再び上にあがってきて、反対方向にすすむと海がみえます。海と山が近く、7月でとても暑い日だったのに、ココには涼しい風が吹き抜けてとても気持ちよかったです。

世界遺産をバッグに海をみる。本州ではなかなかできないことですよね。

 

nakijinjo16

上からみると万里の頂上みたい。

駐車場のところに売店やトイレもあります。売店にはお土産もたくさん売っていました。暑いので、水分補給をしてからいくといいと思います。

沖縄の世界遺産は、景色がいいです。

所要時間は30分ほどですが、石の階段を上へ上へと歩いていくので、ベビーカーは使えません。歴史はわからなくても景色がいいのでたのしめますが、あまりに小さいとただ暑い中歩くだけになってしまうので、小学生以上がおすすめです。

動画でもどうぞ

 

スポンサーリンク