沖縄ではどんなホテルを選べばいいのでしょうか?子連れファミリーが沖縄で泊まるホテル選びのポイントを紹介します。

ebeach1

目的・観光地の近くから選ぶ

churaumi23

沖縄本島は日本地図でみると1つ島で小さく感じますが、実際には北から南までかなり広いです。那覇空港から人気観光スポットまでは高速をつかっても約2時間で、あちこちまわると移動ばかりに時間がかかってしまいます。

実際、子どもの感想は、“沖縄は移動時間が長いな~、車に乗っている時間、海で遊べるのにな~。”というものでした。

特に、沖縄の北部、やんばるエリアにあるJALプライベートリゾートオクマや東海岸のカヌチャベイなどは、ホテルステイでここだけという場合はいいですが、観光をするには移動時間がかかりすぎて不便です。

なるべく移動に時間をかけないなら、最初に北部までいって、1泊ずつホテルをかえて南下して、最後に那覇のホテルに泊まって帰るというのが移動時間のロスはなさそうです。

ただし、子連れの場合、荷物も多いですし、子どもが小さいと途中でホテルに帰ってお昼寝など何かと同じで連泊したほうが楽ですね。

ホテルは移動時間を短くするために目的地、観光地の近くで選ぶといいと思います。

スポンサーリンク

人気の観光スポットである美ら海水族館周辺の北部は那覇から2時間ぐらい。リゾートホテルがたくさんある読谷村、恩納村、名護あたりの西海岸エリアは那覇と美ら海水族館の間でどちらからも1時間ぐらいで観光には便利です。

>>北部エリアのホテル

>>西海岸エリアのホテル

北から順番にエリアごとの代表的なホテルを紹介します

okinawaareamap

本部・今帰仁エリア

美ら海水族館近くのエリア 北部でも北部すぎない北部でここならまだ観光に便利

ホテルマハイナウェルネスリゾート沖縄 リゾートホテルベル・パライソ  ホテルオリオンモトブリゾート&スパ

名護エリア

ホテルゆがふいんおきなわ オキナワマリオットリゾートスパ  喜瀬ビーチパレス

恩納村エリア

真栄田岬や琉球村、Gala青い海、むら咲むら、ビオスの村など観光スポットも近く便利。

カフーリゾートフチャクコンドホテル   サンマリーナホテル  ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート  リザンヒーパーク谷茶ベイ   沖縄かりゆしビーチリゾート

北谷・読谷エリア

北谷より以南は、沖縄リゾートらしくないが、読谷~恩納村へ行くとリゾートらしくなる。真栄田岬や琉球村、Gala青い海、むら咲むら、ビオスの村など観光スポットも近く便利。

読谷は高速からは少し遠いので、しずかにホテルステイを考えたい人は読谷がおすすめ。

ホテル日航アリビラ ザ・ビーチタワー沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル  シーサイドホテル・ザ・ビーチ

宜野湾・浦添・沖縄市エリア

ラグナガーデンホテル  東京第一ホテルオキナワグランメールリゾート

 

リゾートホテルvsビジネスホテルどっちがいい?

motoburesort37

基本的に沖縄のリゾートホテルは、子供料金を設定してくれないところもありますし、もともとの宿泊料金が高いところが多いです。

それに対して、那覇周辺にあるビジネスホテルは、安い。

あちこち観光するだけなのでビジネスホテルでいいのでは?と思う人もいるかと思いますが、お金で割り切った学生ならいいかもしれませんが、那覇周辺のホテルは、いくら高級感のあるホテルでも沖縄に来た感じがしないので、最終日、飛行機の時間の関係で那覇に泊まった方が便利・・という場合を除いては、コスパを考えたら絶対リゾートホテルです。

リゾートホテルといってもお値段が安いホテルもありますので、いろいろ探してみてください。お値段のちがいは、それ相応と考えた方がいいですが、

高いホテルには、アクティビティチケットなどがついていて、現地で支払うお金が少なく済む場合もあり、コスパを考えるとお得になります。また、ホテルはきれいだと満足度が高くなる傾向にあります。

築5年までの新しいホテルはきれいです。

部屋タイプから選ぶ

motoburesort62

沖縄のホテルを探してみて、ツインの洋室がメインだということ。3人で泊まるならそこへエクストラベッドを追加して泊まることができますが、4人となると無理というホテルが何軒もありました。

エクストラベッドをいれるといっても、ベッドがもう一台入るというだけでキュウキュウになってしまう場合も。沖縄はスーツケースで行く人が多いです。

スーツケースが広げられないような広さだと不便です。何㎡ってところをチェックしてくださいね。

 

人数が多い子連れファミリーの場合は、エリアから選ぶより和室、和洋室、キッズルームなどがあるホテルから選ぶのも手です。

ホテルオリオンモトブリゾート&スパには、ジンベエザメの壁紙がかわいく、マットレスだけで床に落ちない子連れ仕様のキッズルームがありました

>>ホテルオリオンモトブリゾート&スパに泊まりました

 

大浴場・温泉・お風呂タイプから選ぶ

日本各地へ旅行へでかける我が家ですが、宿選びには、温泉があることを重視してきました。一日の疲れが温泉でほぐれ、リラックスできる効果は大きいです。

また、疲れてかえってきたときに順番にユニットバスでこどもをお風呂にいれるのはよけいに疲れます。いっぺんに入れるという意味でも大浴場というのは大きなメリットだと思っていました。

ただ、沖縄のリゾートホテルは、ユニットバスではなく、バスタブと洗い場が分かれているセパレートタイプのお風呂が多く、部屋のお風呂でも十分広くて入りやすいところが多いです。

逆に大浴場、温泉があるホテルでも有料なところが多く、暑い夏にお金をだしてまで、入るほどでもないな~と思ったのが正直な感想。

子連れなら、ユニットバスはさけたいところですが、温泉、大浴場はそんなに重視しなくてもいいかも。

スポンサーリンク